ファクタリングの意味、メリット・デメリットについて徹底解説 - 資金繰りホットラインブログ

リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886

ファクタリングの意味、メリット・デメリットについて徹底解説

カテゴリー:ファクタリング



企業の資金調達には「株式を発行する」「社債を発行する」「金融機関からの融資を受ける」などさまざまな方法がありますが、それ以外にも「ファクタリング」という手法もあります。

 

そこで、ファクタリングについて仕組みやメリット・デメリットなどについてご紹介します。

ファクタリングとは?その仕組みについて解説

ファクタリングの意味、メリット・デメリットについて徹底解説写真

ファクタリングとは、支払いサイトが到来していない売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで資金を調達できるサービスのことです。

 

ファクタリングを行う経営上の意味は、資金繰りの改善にあります。一般的な企業間取引においては現金取引ではなく取引先同士の信用に基づく掛け取引が行われます。

 

得意先への販売で生じた売掛金などの支払いサイトが長い場合は、運転資金が苦しくなり資金繰りが悪化する可能性があります。

 

その場合に、ファクタリングを活用することによって未回収の売掛金を早期に現金化できるのです。

ファクタリングの種類

ファクタリングには2つのタイプがあります。

 

1つは償還請求権ありのタイプでリコースタイプとも呼ばれるもの、もう1つは償還請求権なしのタイプでノンリコースとも呼ばれているものです。

 

償還請求権とは、例えばA社がB社に対する売掛金をファクタリング会社に売却したあとでB社が倒産した場合に、ファクタリング会社がA社に対して売掛金相当の金額を請求する権利のことです。

 

償還請求権ありのタイプの場合、売却した売掛金を早期に現金化できますが、倒産があればファクタリング会社への資金の支払い義務が生じる仕組みになっています。

 

償還請求権なしの場合は資金支払い義務は生じません。

銀行融資との違いとは?

ファクタリングと銀行融資の最大の違いは、債権譲渡か融資かという点です。

 

ファクタリングは融資ではなく保有している売掛債権という財産を譲渡して換金するイメージになります。一方、銀行融資の場合は借入金で返済義務を負います。また、どちらもコストがかかる点は共通していますが、コストにも違いがあります。

 

銀行融資に対するコストは支払利息になり、利率は財務内容や取引ぶりなど審査結果によって変動します。

ファクタリングは債権の現金化を行う段階でファクタリング会社に手数料を支払います。

 

売掛先の会社を含めた3社間契約の場合は数パーセントの手数料となりますが、売掛先の会社を含まない2社間契約の場合は手数料は高くなるのが一般的です。

ファクタリングのメリットとデメリットとは?

ファクタリングの主なメリットは3つです。

 

1つ目は銀行融資よりも簡単にスピーディに資金調達できることです。

 

2つ目はキャッシュフローの正常化です。支払いサイトが長い売掛金を保有している場合は効果的です。

 

3つ目は貸借対照表のスリム化です。売掛金を減少させる効果がありますので、金融機関の信用もアップすることが期待できます。

一方、デメリットもあります。それは高額な手数料がかかることです。特に2社間契約によるファクタリングの場合はリスクも大きくなり売掛債権の10~30%ものコストがかかるのが一般的です。

 

従って恒常的にファクタリングを利用することは好ましくなく、単発で利用することが重要です。

 

弊社のファクタリング実例もご参考ください。

ページの先頭へ