飲食店の開業資金について - 資金繰りホットラインブログ

リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886

飲食店の開業資金について

カテゴリー:資金調達



日本にはたくさんの飲食店があり、その数には来訪した外国人の方も驚かれるぐらいという話もあります。
それだけ参入障壁が低いということでもあるでしょうし、外食が好きな国民性なのかもしれないですね。
では飲食店を出店する時、資金はどのくらいかかるのでしょうか?賃貸物件で出店するケースで考えてみるとざっと以下のイメージです。
前提で居抜き、家賃20万円(10坪ぐらい)のケースとしましょうか。
東京都内で考えると、居抜きとしては小粒ながら標準的なクラスだと思われます。

物件保証金 200万円(10か月分)
仲介手数料 20万円
前家賃 20万円
造作譲渡 100万円
内装工事 100万円
備品関係 50万円
その他運転資金 100万円
合計 590万円
飲食店の開業資金について写真

ざっとこのくらいの費用が掛かるわけです。 これでもかなり小ぶりな店舗であるといえます。
しかも残念ながら出店をする時というのは、その他追加でもろもろ費用が掛かるので、上記の皮算用に1,2割は上乗せでかかってしまいます。

開業資金についてはよくご質問を頂くので、Q&A形式でもう少し詳しくお伝え致しますね。

開業資金についてのQ&A

起業したいと思っています。まず必要なものは何?
よく言われるのが「ヒト・モノ・カネ」です。
でも、なんといってもまずお金ですよね。ひとくちにお金といっても、会社をつくるお金のほか、事務所を構えたり、パソコンなどを買ったりといった開業に向けて準備するお金、商品を販売する場合は商品を仕入れるためのお金のほか、商品が売れて現金になるまでの運転資金も必要になります。
会社をつくるお金と言われましたが、商法が改正されて資本金なしでも会社がつくれるようになったと聞いたんですが?
確かに、自己資本1円でも会社はつくれるようになりました。でも、これはあくまで建前の話です。
資本金1円で会社をつくっても、開業資金や運転資金は必要です。資本金を増資しない限りは、他人資本に頼らざるを得ません。
資金調達は、銀行あるいは親族・知人らからの借入に頼らざるを得ません。
そうなるとすべて他人資本ということになり、会社の基盤が脆弱なことは明らかです。自己資本ゼロの会社に、銀行などが融資してくれるとはとても考えられません。
社長個人が会社に貸し付ける場合はどうなのでしょう?
法人格と社長個人は別ものなので、これも厳密にいえばやはり借入なので、会社としては他人資本ということになります。
となると、やはり開業はお金をためてからにしたほうがいいのでしょうか?
単純に考えて、事業は自己資金でやったほうが有利です。なんといっても返済がいらないのですから。
融資を受けるために要する労力や、返済のための事務的・精神的負担に加え、融資を受けたお金には、貯金したお金より高い金利がつき、これが運転資金にも影響してきます。
今すぐに開業したほうが有利だというビジネスチャンスがあった場合は?
確かに、現在のビジネス動向は急激に変わっているため、開業資金をためているうちに何年もたってしまい、チャンスを逃してしまう恐れは十分にあるでしょうね。
それが明らかな場合は、借りてでも事業を始めるべきではないでしょうか。
ケース・バイ・ケースで判断すればいいんですね?
確かにタイミングは大事です。
ただし、開業に200万~300万円のお金が必要として、全額を借入で調達しようというのなら、その程度のお金をためられず借入で資金調達しようという姿勢では、その人の信用度はもちろん、資質や人格にも疑問符が付くのではないでしょうか。
融資を受けて起業するということは、借入をきちんと返済し、企業を軌道に乗せるという重い社会的責任を負っているわけですから。

多くの自己資金をもって開業できればそれが一番いいのですが 、なかなか現実問題それだけの現金を持たれている方もそう多いとは言えません。
でも出店したい! となると資金調達をするしかないわけですね~
  で、うちの出番なわけです・・・・!

ページの先頭へ