飲食店の資金調達について - 資金繰りホットラインブログ

リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886

飲食店の資金調達について

カテゴリー:資金調達



さて、飲食店の出店をするにあたりでは資金調達をしましょう! となった時にどのような選択肢があるのか。
全く新規の出店という前提で考えると いがいと選択肢は少ないものなのです。

  • 1、日本生活金融公庫
  • 2、銀行(信用保証協会・制度融資)

まずこの2通りしかないと考えて問題ありません。 ではそれぞれの特徴、手続きをお話しします。

資金調達方法について

1、日本生活金融公庫

こちらは飲食店を始めるにあたっての資金調達を検討される方は認識をされている機関だと思います。
公庫さん自身も新規の創業資金の担い手であるという認識が強いので門戸は低いですがそれなりの提出物があります。 決算も実績もない方が申し込みをするわけですからそれなりの事業計画の準備、そのほか面談での細かい説明が必要になります。また自己資金の要件もありお金がないから借入したいのにその借入金額の30%程度の自己資金が必要だなんて話になっちゃうわけです。
そのような場合は上記の事業計画、資金計画などを一緒に作りながら公庫をご紹介するケースも多々あります。

2、銀行(信用保証協会・制度融資)

銀行はどうなのでしょうか。
銀行を利用する際はまず信用保証協会という公的な保証期間を利用することになります。
かつ、市や区が取りまとめている創業に関する制度融資を使うことになります。以前は公庫のように自己資金の要件がなかったのでこちらを利用することが多かったのですが、最近は公庫さんよりその要件が厳しくなって使いづらくなってしまいました。
こちらの場合は銀行に打診をしたら創業の制度(これは市区町村で異なります)を教えてくれるのでそちらに出向き、事業計画書など作成し要件を満たしたらそちらで認証をいただけます。
ただ、この認証は融資のお墨付きではなく、この計画は信頼性がありますよというだけのものになります。これをもって再度銀号に出向き説明、申し込みをして本審査に入ることになるのです。
結構大変な作業ですよね~ ですのでこちらに関しても弊社には数多くのお問い合わせをいただいているわけです。
特に上記2機関いずれにおいても大きなネックとなるのは下記の3点です
1・自己資金要件  2・事業計画の作成  3・金融機関の選定
こちらのご相談も弊社として最も得意としている部分ですので是非ご相談ください!

自己資金か銀行借入か

いままで資金調達の話をしてきておいて、なんで今さらという話ですが。
飲食店をオープンするにあたって自分のお金がある程度ある場合にどうするか・・・という話です。
単純に考えると手元にお金があるんだから使えばいいじゃんって話になるわけですが、実はそうではないのです。

たとえば手元に1000万円あります。
そして出店資金が1000万円かかるとします。

確かにすぐ出店できます。
でも手元のお金は全くなくなっちゃいます。

とても不安じゃないですか?

お金の使い方はその方の考え方に従うしかないのですが、
やはりお金という流動性の高い資産がお店という換金性の低いモノに代わってしまったとしたら、もしお店が最初から順調に運営されていたら問題内ですが、赤字になっちゃったり余計な費用がかかっちゃったりしたらすぐに資金繰りの問題に直面するわけです。

ですから、弊社では手元に資金があったとしても借り入れをしていただいて手元にある程度資金を残してもらうようお話ししております。
そうすれば上記のような不測の事態が発生しても安心して対応できますし、金融機関取引もあるわけですから2店舗目以降の出店の資金調達の相談もしやすいわけです。

考えようによっては資金もあるけど見合いで借り入れもある。差引したらチャラ、もしくはマイナスじゃないですかって話にもなりますが、それでも手元にお金があるという力は実務的にも精神的にも圧倒的な強みになります。

昔銀行の先輩が言ってた言葉が耳に残っているのですが
お客さんが住宅ローンの返済を繰り上げに来た時にいつもその先輩が言ってた言葉なんですが・・・・
「返すのは簡単だけど借りるのは大変ですよ~笑」
なるほど、今更うなづいてしまいます・・・・・・・

お金に対する認識として上記のお話がお役に立てばうれしいです。

小さく出して大きく育てよう

弊社に出店の相談に来られる際に、特に有名な飲食店のシェフなどされていた方に多いパターンなんですが、いきなり大規模な店舗の出店を検討しているというケースがあります。
1店舗目から出店費用が3000万円!なんて話もよくあります。
このような大きな出店に自己資金をある程度入れる、もしくは不動産に担保設定できるのであれば土台に乗せることは不可能ではありませんが、まず資金調達がかなり、いやほぼ不可能であるとお話ししております。

1店舗目の資金調達可能額は1000万円以内

これはたくさんの出店の資金調達をしてきた実績からの数値ですがそれ以上の金額は同逆立ちしてもほぼ無理です。
となると、現実的にそういうレベルのお店からのスタートになってしまうわけですが、僕はそれを推奨しています。
その代わり小さいお店で実績を残して2店舗目からどーんと行きましょう!とお話ししております。

たとえば1店舗目で小さなお店で月商300万円の営業を1年間続けます。
そうすると年間3600万円の実績ができます。
その実績をもって銀行から資金を調達して2店舗目を出店します。
少し規模を大きくして月商が500万円のお店が出店できました。
これで2年目は年間売上9600万円です。
さて、3年目この実績をもってまた銀行から資金を調達して3店舗目を出店します。
今度は月商800万円のお店です。
そうすると年間19200万円の実績ができます。
一気に1億越えの2億円が目前になってきます。

このような形で実績を積み上げながら金融機関の支援を得つつ、
自己資金をあまり使わずレバレッジをきかせて行って収益と借り入れの最大化を図るわけです。

しかも1店舗目に多額の投資をしていないので、1店舗目が不調に終わっても大打撃にはなりません。そしてお店が増えていけば仕入、赤字の補てん、人材の流通などメリットがたくさん出てきます。

そして・・・・経営者が潤います。

このような形を一緒に作っていきたいと考えているわけです。
ご興味のある方はぜひご一報ください。

ページの先頭へ