事業再生計画書の意味と作成方法について - 資金繰りホットラインブログ

リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886

事業再生計画書の意味と作成方法について

カテゴリー:事業再生



事業再生を行うにあたって重要になるのが、事業再生計画書の作成です。これは自社の状況を客観的に把握し、社員が一丸となって再生へ向かうための手がかりになるほか、融資やスポンサーを獲得するためにも欠かせません。事業再生計画書の概要や、作成方法についてご紹介します。

事業再生計画とは?中小企業が事業再生計画を作成する意味とは?

事業再生計画書の意味と作成方法について写真

事業再生計画とは、簡単にいうと事業再生後のプランをまとめた事業計画書です。財政面を中心に自社の問題点を整理し、改善計画を具体的に示した内容になります。

 

一般的にはかなりのリストラを要する計画であり、いかに収益を見込める事業を残し、赤字部門の廃止やそれに伴うさまざまな体制改革を記入できるかがポイントです。3年程度の売上や利益の推移を予想し、実現可能性の高い計画を立てることで、金融機関、そのほかの利害関係者からの支援体制、の融資の有無が大きく左右されます。

 

中小企業にとって、事業再生計画を作成するのは、事業が厳しい状況にあるときに、金融機関を中心とする利害関係者に対しての理解を求め支援をしていただくための意味合いが大きいといえます。またその計画に基づき再生を行う過程において金融機関の融資やスポンサー獲得といった目的も付加されます。

 

たとえば、当該企業が債務免除の必要なく再生可能であると判断されると、金融機関などと交渉し、返済の猶予を承諾してもらったり、融資による資金の確保を行うことになります。このとき金融機関は事業再生計画にもとづき判断を行います。
同じく事業再生にとって重要なのは、スポンサー企業による信用の供与です。事業再生計画は、スポンサー企業への強力なプレゼンテーション資料になります。

「中小企業承継事業再生計画」の概要について

「中小企業承継事業再生計画」とは、中小企業が別会社を使って事業再生を行う場合に作成する計画です。別会社によって事業再生をするというスキームは、効果的な方法だとして政府も推進しています。

したがってこのスキームを促進するために、一定の基準を満たした再生計画を提出した中小企業に対して支援措置を講じるという制度が、第二会社方式による「中小企業承継事業再生計画」の認定制度です。

尚、弊社のコンサルティングによる事業再生実例はこちら。

経営改善サポート保証(事業再生計画実施関連保証)とは?

経営改善サポート保証(事業再生計画実施関連保証)も、中小企業の事業再生にとって重要な制度です。具体的には、まず中小企業再生支援協議会などの支援を受けながら事業再生計画を作成します。

この事業再生計画をもとに、必要な資金を信用保証協会の保証つき融資によってサポートし、中小企業の経営改善や事業再生をバックアップするという制度です。

この制度を利用した場合、当該企業は事業再生計画の実施状況を、四半期ごとに金融機関へ報告し、金融機関は年1回信用保証協会へ報告することになります。

事業再生計画の作り方とは?

事業再生計画を作成する場合、中小企業庁のホームページ(※1)などによってサンプルが公開されています。具体的な記入内容は、当該企業の状況や、金融機関の状況によって異なりますが、構成やポイントなどを参考にしてみると良いでしょう。事業再生計画で必要になる項目は、主に次の通りです。

・経営改善のための努力目標(基本方針、項目別)

・収支計画

・年度別個表(収支の部、財政の部)

・長期資金収支予想表

・資金繰り表(実績、予定)

・その他

※1参照:中小企業庁(http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2013/131213KaizenKeikaku10.pdf)

事業再生計画書の雛型

事業再生計画書で記入すべき具体的な項目別雛型をご紹介します。

まず「債務者概況表」では、対象先や概要、財務内容及び問題点、業務推移などを記入します。続いて計画部分では、課題・問題点、計画の基本方針、計画期間と改善目標等の順に記載すると良いでしょう。

さらに事業者の資本関係・取引関係を説明するための「企業集団の状況」や、当該企業のビジネスモデルを説明するための「ビジネスモデル俯瞰図」を記載します。そして具体的な数値として「資金実績表」や「計数計画・具体的な施策」をまとめます。

計数計画では、売上高や営業利益、経常利益、当期利益はじめさまざまな計画を、計画3~5年目程度までを目安に、詳細に記入することが重要です。より具体的な書き方については、中小企業庁の雛型を参考にしてみましょう。

〈参考URL〉

中小企業庁:http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2013/131213KaizenKeikaku10.pdf 同上:http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/chiiki/2014/140120sangyo6.pdf 日本政策金融公庫:https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_chusho.html 片山総合法律事務所:http://www.kigyosaisei.net/105/105025/ 滋賀県信用保証協会:http://www.cgc-shiga.or.jp/news/2183.html 千葉県信用保証協会:http://www.chiba-cgc.or.jp/guarantee/g_support.html 幻冬舎Gold Online:http://gentosha-go.com/articles/-/1451
人気の記事
ページの先頭へ