資金ショートに備えることが大切!原因や対策などを解説 - 資金繰りホットラインブログ

リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886

資金ショートに備えることが大切!原因や対策などを解説

カテゴリー:財務改善



資金ショートに備えることが大切!原因や対策などを解説写真
資金繰りにおいて重要なのは、資金ショートの状態にならないことです。どのような原因でなるのかを知っておき、回避のための対策をしておきましょう。そこで今回は、それに役立つ資金ショートに関するポイントを紹介します。

資金ショートしてしまったら?

出ていく金額が入ってくる金額を上回り、資金が底をついてしまうことを資金ショートといいます。

その状態に陥ると、事業をこれまでどおり続けるのは難しくなってしまいます。そのため資金ショートした場合は、調達した資金を上手く使わないと倒産してしまいかねません。

大切なのは支払いの優先順位を見極めることです。たとえば小切手や手形は、一回でも不渡りを出すと金融機関の信用を大きく損ねることになります。

また従業員に給与を支払えないと、労働力や技術を失ってしまいかねません。これらには優先的に資金を回しましょう。

原因は?どのように対策すれば良い?

資金ショートの主な原因は、売り上げの低下や経費の増大です。 そのほかにも売掛金を回収できないケースや、借入金の返済に追われて資金が残らないケースなどもあります。

これらに共通するのは、資金繰りについて先の見通しが甘かったことです。

そのため対策としては、技術や資産の棚卸しをして、事業計画をしっかり行うことが挙げられます。

将来の資金繰りをシミュレーションして、資金の流れが分かる資料も作成しておきましょう。経費の浪費や貸し倒れの可能性がないか現状を定期的に見直すことも対策になります。

資金ショートと債務超過は違うの?

資金ショートと混同されやすいものとして債務超過があります。両者の違いを把握しておきましょう。

債務超過はその名のとおり、債務者の負債が資産を超過している状態です。あくまでも負債が超過している状態を指すのであって、手元に資金があるかどうかは関係ありません。借り入れた資金などが手元に残っているケースもあります。

一方で資金ショートは、手元に資金がない状態を指します。こちらは債務超過と違って負債の有無は関係しません。そのため黒字であっても起こるケースがあります。

銀行融資で資金調達?信販会社やファクタリング会社も視野に!

企業は資金繰りをしていて資金ショートが目前に迫ってくると、銀行から融資を受けて乗り越えることが多い傾向です。しかし短期間の間に何度も資金ショートの状態になると、流石にしのぎ切れなくなります。

そのような事態に陥ったときは、銀行にこだわらず信販会社から融資を受けるのもひとつの手です。銀行の融資より金利は高めですが、選択肢に入れておくと資金ショートを回避できる可能性が高まります。

また銀行や信販会社に融資を断られた場合は、売掛金を買い取ってもらうという資金調達方法も検討すると良いでしょう。この方法をファクタリングといい、売掛金の買い取りを行っている会社はファクタリング会社と呼ばれています。
人気の記事
ページの先頭へ