リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886
HOME ファクタリング

ファクタリングとは

皆さんはファクタリングという言葉をご存知ですか?

耳慣れない言葉かもしれませんがファクタリングは「売掛債権の現金化」を意味する金融用語で、会社の保有している売掛債権を専門のファクタリング会社に譲渡して資金調達を行うことを指します。

一般的に企業間の取引では、一定期間掛け売りの取引を行います。掛け売りとは、商品の納品やサービスの提供が完了してから、まだ支払が行われていない状態のことです。売掛期間が長いと、その間に支払わなければならない仕入代金や従業員の給与などの運転資金が必要になります。売掛債権はあっても支払はできませんので資金調達の必要が生じるのです。

そうした場合に、ファクタリングを活用し、売掛債権を支払期日より前に現金化するのです。

ファクタリングの仕組み

売掛債権を現金化するまでの流れは一般的には以下の通りです(3社間)。

  • (A社⇒売掛先B社)
    商品の納品やサービス提供・・・売掛債権発生
  • (A社⇒B社)
    ファクタリング契約打診
  • (B社⇒ファクタリング会社)
    ファクタリング契約
  • (ファクタリング会社⇒A社)
    早期売掛金支払い
  • (B社⇒ファクタリング会社)
    期日通に売掛金支払

スキーム図

【スキーム図 ポイントメモ】
これは3社間取引のスキーム図です。ファクタリングによりA社に早期売掛金が支払われます。通常手数料を差し引いて入金されます。売掛金は売掛先B社からファクタリング会社に振り込まれます。

                                                 

ファクタリングの必要性

資金繰りは常に経営者を悩ませる課題です。売上が増えても、入金までの期間が長ければそれだけ運転資金が必要となります。金融機関との関係が良好で安定的に資金調達が可能であれば問題ありませんが、さまざまな事情でスムーズな資金調達が難しい会社もあります。

例えば

  • 売掛先の支払いサイトが長い
  • 至急現金が必要
  • 銀行などの金融機関から融資を断られている
  • 融資審査に時間がかかる
  • メインバンクには知られずに資金調達したい

このような事情で困っている場合は、銀行融資ではなく、ファクタリングによる資金調達が検討できます。
ファクタリングは売掛債権の譲渡ですので、リスク要因は売掛債権が期日通りに支払われ入金されるかという点です。そのためファクタリング会社が審査するのは、申込を行った会社ではなく、「売掛先」の企業です。自社の財務状態や諸事情で銀行からの融資が難しい場合でも、売掛先の信用状態が問題なければ、自社の影響を受けずに資金を調達できます。

銀行融資との違い

ファクタリングと銀行融資との違いはどこでしょうか?表でまとめてみました。

ファクタリング 銀行融資
取引形態 ファクタリング 銀行融資
利息 不要
手数料 不要
審査内容 売掛先企業 借入申込先企業
経理処理 売掛金⇒現預金 現預金と借入金の両建て
担保 不要 必要に応じて

ファクタリングの種類

2社間ファクタリングの場合

2社間ファクタリングは売掛先には通知を行わず、ファクタリング会社と売掛債権保有企業が2社で契約を結びます。取引先に「ファクタリング業者を利用している」ことを知られたくない場合、この形式をとります。売掛先企業の同意なしでできますが手数料は高くなります。

  • (A社⇒B社)
    売掛先に商品やサービスを提供する⇒売掛債権が発生
  • (売掛債権保有企業A社⇒ファクタリング会社)
    ファクタリング契約(債権譲渡契約)を締結する
  • (ファクタリング会社⇒A社)
    売掛金の早期支払
  • (B社⇒A社)
    支払期日に売掛金を支払
  • (A社⇒ファクタリング会社)
    売掛金の支払

スキーム図

【スキーム図 ポイントメモ】
2社間取引のスキームでは、売掛金はA社の口座に支払われます。
そのためA社がファクタリング会社に入金する前に使ってしまった場合や、破綻した場合にはファクタリング会社が損失を被ることになります。2社間取引が3社間取引に比べ手数料が高いのはそうしたリスクのためです。

3社間ファクタリングの流れ

3社間ファクタリングは売掛先企業を巻き込むため、仕組みは複雑になります。ただし売掛金が直接ファクタリング会社に振り組まれリスクが少ないため、手数料は安くなります。

  • (A社⇒売掛先B社)
    商品の納品やサービス提供 ・・・売掛債権発生
  • (A社⇒B社)
    ファクタリング契約打診
  • (B社⇒ファクタリング会社)
    ファクタリング契約
  • (ファクタリング会社⇒A社)
    早期売掛金支払い
  • (B社⇒ファクタリング会社)
    期日通に売掛金支払

スキーム図

【スキーム図 ポイントメモ】
3社間取引では売掛先B社を巻き込んでのスキームになりますが、売掛金が直接ファクタリング会社に振り込まれるため、リスクを抑えることが可能なため手数料は低く利用できます。A社からB社にファクタリング契約を打診できるか、協力がいただける関係かという点がポイントです。

その他のファクタリング 

  

一括ファクタリング 元請け会社が下請け会社に代金を支払う際に、一括ファクタリングを利用することが多くなっています。手形発行の費用や振込手数料の費用が軽減できるというメリットのほかに、下請け会社としても現金で振り込まれるので資金繰りが楽になり双方にメリットがある仕組みとなっています。
診療報酬ファクタリング 医療機関や介護施設などが利用するファクタリングで、医療機関が国民健康保険や社会保険支払基金に対して請求する債権です。売掛先である国保連や社保支払基金は国が運営してり、信用リスクが低いことから、手数料も低く、利用のハードルは低くなっています。
保証ファクタリング 中小企業が大企業と取引をする際に、信用のためにファクタリング会社に自社の取引を保証してもらうことがあります。大企業にとってはもし中小企業が祖払いできない場合でもファクタリング会社が支払ってくれるため、安心感が高まります。
国際ファクタリング ファクタリング会社が輸出債権の買取を行う制度です。国際的なファクタリング会社同士が連携してサービスを提供しています。

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングのメリット

  • 即日入金が可能
    売掛債権の売却により即日の資金化にも対応可能で、急な出費や支払資金もカバーできます。
  • 複雑な手続きや審査が不要
    銀行融資のような複雑な手続きがなく、簡単に資金調達ができることです。
    経営状態の説明や資金使途の説明なども不要で、審査にも時間がかかりません。
  • キャッシュフローを改善
    売掛金が現金となることでキャッシュフローが大幅に改善します。頭を悩ませていた資金繰りの問題を一気に解決できます。
  • B/Sをスリム化
    ファクタリングで売掛金を売却することで、B/Sから売掛金がなくなります。総資産が圧縮され、自己資本比率やさまざまな財務指標が改善されます。

ファクタリングのデメリット

  • 月商以上の調達はできない
    月商以上の売掛金は発生しないので、調達限度額は月商範囲内となります。
  • 手数料が高い
    ファクタリングは利息を支払う必要はありませんが、手数料がかかります。手数料は2社間と3社間でも異なりますが、2社間の場合で買い取り売掛債権金額の10~30%、3社間なら1~10%です。
  • 一括で支払う必要がある
    ファクタリングにより売掛債権はファクタリング会社のものです。売掛先から入金があっても全額ファクタリング会社に支払わなければなりません。
  • 取引先にファクタリング利用を知られる
    3社間のファクタリングの場合、ファクタリング会社と資金調達をする利用会社、売掛先である取引先の3社で取引をするので取引先会社の承諾が求められます。

取引先が同意すれば問題ありませんが、難色を示す場合や、「資金繰りが厳しいのでは」とみなされ今後の取引に影響が出る場合もあります。

ファクタリングの仕訳・会計処理

ファクタリング利用時の会計処理は以下の通りです。

売掛金発生時

売掛金 1,000,000円
売上 1,000,000円

売掛債権譲渡時

未収金 1,000,000円
売掛金 1,000,000円

ファクタリング会社からの入金時

現金 900,000円
売掛債権譲渡損 100,000円
未収金 1,000,000円

ファクタリングの進め方

ファクタリングを検討する場合は、まずファクタリング業者に連絡して相談してみましょう。連絡方法は電話やFAX、ホームページでの申し込みなどの方法があります。スムーズに相談を進めるために、下記のような項目は事前に整理しておきましょう。

  • 会社の業種、規模、資本金などの基本情報
  • ファクタリングの希望金額
  • 会社の売上規模
  • 売掛金額と売掛先の企業名
  • 利用時期
  • 資金使途

ファクタリング契約に必要な書類一覧

  • 決算書
  • 試算表
  • 直近取引のデータ
  • 決済口座の通帳コピー
  • 取引先との契約書・見積書
  • 発注書や納品書、請求書
  • 謄本、印鑑証明書

ファクタリング会社の活用

現在、ファクタリング会社は資格がいらないということもあり、乱立している状態といえます。優良なファクタリング会社を見つけるのは困難といえます。その際は、財務コンサルタント会社等の紹介で取引できれば、安心してて進めることができます。

まとめ
ファクタリングは急な資金調達に役立つ便利な商品です。商品内容やメリット・デメリットを十分理解してご活用ください。

ページの先頭へ