資金繰り表無料ダウンロード

リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886
HOME 資金繰り表 無料ダウンロード

資金繰り表 無料ダウンロード

「将来の入金、出金を把握し、資金ショートを事前回避しましょう!」

今日からすぐ使える エクセル形式の資金繰り表 無料ダウンロードができます

利益や売上の追求のみに集中してしまうのは資金繰り上非常に危険です!
また売上が拡大基調にある時には、黒字倒産の危険性もあります!
どの時点でいくら資金がショートするのか、それをどうカバーするのかを事前に把握し検討する必要があるのですが、 目先の資金繰りに追われて先を読めない経営者の方がたくさんいらっしゃいます。
こちらに準備いたしましたフリーのエクセル形式の資金繰り表フォーマットを無料ダウンロードしていただき、大まかでも良いので、せめて半年先までの資金繰りのトレンドを把握し、キャッシュフローをしっかりつかみましょう!
作り方もとても簡単で、月初の残高と毎月の入出金の予測を資金繰り表のテンプレートに入力していくだけで、資金繰り表は完成します。
フリーの資金繰り表でありながら、対金融機関への説明資料としても有効です。

下記フォームに氏名とメールアドレスを入力の上、「資金繰り表をダウンロードする」ボタンを押してください。
ご入力いただいたメールアドレスに、資金繰り表ダウンロードURLと、資金繰りについて役立つ情報をまず10本、その後は月に4本メール配信いたします。無理な営業は一切行っておりませんので、ご安心ください。

名前とメールアドレスに
間違いがないか再度ご確認ください。

  • アドレスを間違えると資金繰り表をお届けできませんので半角英数字で正確にご入力ください。
  • 携帯メールアドレスでは登録ができませんので、PCのメールアドレスをご利用ください。
  • ご登録いただいた内容は弊社プライバシーポリシーに基づき、厳重に管理しております。
  • 資金繰り表をダウンロードしていただいた後、作成を急いでおり困っている方、作成方法がわからないなど、お気軽にお問い合わせください。

資金繰りが厳しくなる原因には以下のようなものがあります。

  • 売掛金の回収状況の悪化、貸倒れ
  • 過剰在庫や課大な設備投資
  • 買掛金・未払金の支払い期日短縮
  • 支払手形の過大振出、入金バランスのズレ
  • 人件費の高騰・経費のムダ遣い
  • 節税・納税計画の欠如による税金の払い過ぎ
  • 無計画な借入による元金支払・利息の増大
  • 自己資金の不足
  • 適正な利益がない
  • 金融機関との関係性の悪化による資金調達の不足
  • 無計画な経営とどんぶり勘定
  • などなど・・・

資金繰り表とは、将来の一定期間の収入と支出を分類・集計・整理し、資金の過不足の見通しをたてる一覧表です。
現実には日本の法人の7割が赤字と言われているのですが、それら全て倒産しないのは、赤字でも、資金繰りに目途がつけられれば会社はまわっていくからなのです。
逆に、資金繰りに失敗することによって、黒字でも会社は窮地に陥ります。倒産することすらあるのです。
そういう事態を防ぐために、資金繰り表による資金繰りの管理は非常に重要となります。
資金繰りは財務(将来予測)であり、経理(過去整理)ではありません。
(損益とキャッシュフローの違い)

こんな方にオススメ

  • 試算表では売上が順調に上がり利益も出ているのに、なぜか資金が無くなっている…
  • 資金繰りは会計事務所、経理に任せていて、社長はタイムリーに把握できていない、または資金繰りの方針すらない…
  • 銀行から資金繰り表の提出を求められたがどう作成してよいかわからない…
  • 目の前の営業活動で忙しく、資金繰りができていない…

期待できる成果

  • いつどのくらいお金が足りなくなるか明確になります!
  • 資金繰り表を作成していることによって金融機関の評価があがります!
  • 資金繰りに常に気をとられることなく、営業など他の業務に専念できます!
  • 資金ショートのタイミングがわかるということは、資金調達が必要なタイミングがわかるということです!
  • 目先ではなく長いスパンでの資金繰りが把握できることによって、計画的に今後の資金繰りの計画を先取りすることができます!


資金繰り表をダウンロードした方の声

今までどんぶり勘定でしたが、このフォーマットで作成してみて先が見える事が初めてわかりました。
3ヶ月後まで資金繰り表を作成してみましたので、入金に関しても「この日までに」など先方へお願いすることができました。
銀行さんに急に資金繰り表を出すようにいわれて困っていたところ、こちらの資金繰り表無料ダウンロードにたどり着きました。
簡単なテンプレートでとても標準的な資金繰り表だったので、作るのも簡単でした。
銀行さんへ提出したところ、シンプルでわかりやすいフォーマットだと評価されました。
資金繰り表をつけて先が見える状態になったことにより、いつも頭の中で先の資金ことを考えていた時間から解放されました。
頭の中は、営業活動のことを考えることができています。

執筆者紹介

武田 健一/株式会社TCR代表取締役

岡山県岡山市で生まれ、大学入学を機に上京。
中央大学理工学部を卒業後、平成4年にあさひ銀行(現りそな銀行)へ入社。
入社後は、預金出納業務、貸付審査業務、融資・預金営業など窓口業務から営業まで幅広く業務を経験。
定期預金の獲得、融資の獲得など実績をあげるも自分の無力さと銀行業務のギャップを感じ、自分の力で生きていける税理士などの独立業務、コンサルタントへの道へ進むことを心に決める。

平成7年に銀行を退職後、会計事務所へ入社。 会計事務所では決算書の作成、相続税、譲渡所得税など様々な業務に携わる。 そのような中、元銀行員の経験を強く買われ融資のご相談を数多く受けることとなる。 相談を受ける中で世の中のニーズを認識し、資金調達のコンサルティング会社設立を決意。

平成12年5月に財務コンサルティング会社を設立。 これまでの経験を活かし、日本全国を飛び回り、数々の資金調達、リスケジュール、事業再生等の資金繰り案件に携わる。

その後、飲食店・ネイルサロンなどの事業会社を展開する。現在は、会計業務請負、人材派遣業務も開始。香港にSBFG ltd.を設立し海外に展開する法人様向けのサービス拡充も図る

下記フォームに氏名とメールアドレスを入力の上、「資金繰り表をダウンロードする」ボタンを押してください。
ご入力いただいたメールアドレスに、資金繰り表ダウンロードURLと、資金繰りについて役立つ情報をまず10本、その後は月に2本メール配信いたします。無理な営業は一切行っておりませんので、ご安心ください。

名前とメールアドレスに
間違いがないか再度ご確認ください。

  • アドレスを間違えると資金繰り表をお届けできませんので半角英数字でに正確にご入力ください。
  • 携帯メールアドレスでは登録ができませんので、PCのメールアドレスをご利用ください。
  • ご登録いただいた内容は弊社プライバシーポリシーに基づき、厳重に管理しております。

 

ページの先頭へ