ご相談事例 - 資金調達

リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886
HOME 資金調達 ご相談事例紹介

ご相談事例紹介

これまで行ってきた資金調達の事例を一部ご紹介いたします。

case1
業種 飲食業
年商 約40億円
エリア 東京都渋谷区
調達額 総額 5億円
内容(悩み・状況・要望・使途) 当初状況は、居酒屋を4店舗経営、売上3億円程度の規模でした。
社長は若く人格的にはドライなタイプで、また飲食店の経験がなく数字を重視するタイプ(職人肌ではない)でした。
決算状況は黒字は出ているものの、賃借対照表の表示の仕方に問題点が多々ありました。
 
悩み、要望としましては、金融機関からの借り入れ経験がないので金融機関の紹介、交渉をしてこの問題を解決ほしいとのことでした。
今後は年間目安3~4店舗出店していきたいと、とても意欲的でした。
金融機関交渉の為の事業計画、本来的な事業計画の相談にのってほしいとの事で、何度も打ち合わせを重ねました。また、決算対策などを相談したいとの事で、節税面も含め、こちらも多々解決に向けてご提案をさせていただきました。
結果 当初契約をいただいてから足かけ5年で、店舗数を25店舗、年商を40億円としました。平均すると毎年4~5店舗、1店舗当たりの出店コストは平均5000万円でした。

こちらの飲食店の強みとしては、低原価率(通常30%のところを20%)、低人件費率(こちらも通常30%のところを20%)、低単価でしたが、大型店舗を東京を中心に集中出店することによるいわゆるドミナント戦略を用い、有効な原価管理、人材配置を行い、かつ1店舗売り上げを1億~1億5000万円という戦略にて圧倒的な利益を計上していきました。

調達元は都市銀行2行、地方銀行、信用金庫、リース会社など多岐にわたり、調達額は5億円でした。自己資金が潤諾な状態での出店であった為、これだけの調達で数多くの出店が可能となりました。

また、社長の数字に関するコンサルティングを積極的に行い、店舗別損益などを毎月一緒に作成、確認することにより不採算店舗の退店スピードも速く決断することができました。このことはかえって金融機関の印象を良くしたといえます。

case2
業種 運動コート運営
年商 5億円
エリア 東京都港区
調達額 1000万円
内容(悩み・状況・要望・使途) 当初状況は、運動用のコート運営を主とする会社でしたが、それ以外にコートの造成、建設の業務も増えてきたところで受注者からの支払いが遅延するケースが増えてきて、資金繰りが圧迫され急場の資金という問題の解消でした。資金が必要な月末の3営業日前に1000万円の資金調達の相談を受けました。
資金使途としては人件費の支払いということで、給与の遅配だけは絶対に避けたいという相談でした。
結果 時間的にファクタリングしか間に合わないということで、提携ファクタリング会社に打診し即日回答をいただき、希望日に1000万円の実行をしていただき資金ショートの問題は解決しました。手数料は1か月後の支払いで料率も高いのですが、工事の利益率がそれ以上に良いのでこの仕組みに取りむ価値はあったといえます。
case3
業種 飲食業(創業資金)
年商 4000万円
エリア 東京都新宿区
調達額 500万円
内容(悩み・状況・要望・使途) 都内でフレンチの小さなお店を出したいという希望があり、金融機関を紹介してほしいとのことでした。出店資金は保証金300万円、内装費300万円、そのほか100万円の合計700万円で自己資金は200万円あるとのことでした。都内の有名なフレンチで腕を磨き営業力のあるホールスタッフを引き抜いての小さなフレンチ店の出店希望でした。事業計画の作成の仕方も何もかもがわからないところからのスタートでした。
結果 この出店のための個人事業の届け出から懇意にしていただいている金融機関への打診、制度融資の為の商工会議所での事業計画の作成、認定から融資実行まで1ヶ月半ほどかかりましたが、満額の500万円が実行され問題は解消しました。創業資金の制度融資の為、金利も非常に低く、保証料もほぼ0円にて期間も長く有効な資金調達のお手伝いができたということでお喜びいただきました。
case4
業種 人材派遣業・不動産業
年商 約5億円
エリア 埼玉県川越市
調達額 5億円
内容(悩み・状況・要望・使途) 軽作業を中心とする人材派遣の会社で、売上5億円に対し借入総額5億円、毎月の金融機関返済が1000万の状況で、あと3ヶ月で資金ショートするという時点での相談をいただきました。売り上げは安定しているのですが、人材派遣であるための消費税の負担、人件費の先出の為、資金繰りが厳しい状態で社長も精神的にかなり追い込まれている状況でした。自宅や本社事務所、投資用マンションを多数保有されているので、その点もかなり気にされていました。 要望としましては、そういった資金繰り相談、事業再生、不動産の保全を含め、幅広い内容での問題解消でした。
結果 まずは銀行の元金返済をストップし、利払いのみとした状況で第二会社を設立し、そちらへの事業の譲渡を行う方向で進めていきました。その間に不動産を奥様を代表とする法人へ任意売却し、すべての不動産を移転しました。不動産移転のための資金調達もこちらで全てフォローしました。
その結果、足かけ5年の事業再生となりましたが、すべての事業の移転を完了し、不動産に関しても自宅、本社事務所、マンション2棟、ワンルームマンション10部屋をすべてオフバランス(総資産で3億円程度)し、現在家賃収入年間2500万円にて完全に復活の状況となっております。
case5
業種 パソコン教室
年商 1億円
エリア 神奈川県小田原市
調達額 1000万円
内容(悩み・状況・要望・使途) 前年決算から赤字が続いている状況でした。
要望としましては、赤字が続いているにもかかわらずの資金調達の相談でした。
資金使途は、日々のスタッフの人件費、経費の支払いのための運転資金でした。
結果 地方銀行への打診、赤字の法人用の資金調達の制度の確認を行い、事業計画の作成から市役所への打診、金融機関の紹介、交渉をすべて弊社の主導で行いました。申込金額の1000万円に対して希望額の1000万円を実行にて問題は解消しました。制度融資の為、金利、期間も非常に優遇されている内容でした。