よくあるご質問 - 資金調達

リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886
HOME 資金調達 よくあるご質問

よくあるご質問

 

売上が大幅に減少し、運転資金がこの先足りなくなりそうです。
財務状況と資金繰りを正確に把握し、打てる手をできるだけ早く打つ必要があります。
場合によっては、資金調達や銀行返済金額の減額(リスケ)の交渉を行うなど打開策は沢山あります。 まずは現状を把握しましょう。
資金繰りがもうまわりません。どうしたらよいでしょうか。
まずは支出を明確にしましょう。その後の策もあります。資金繰り表は作成していますか?
資金がいつどれだけ不足するのかを把握しましょう。そして不足部分について借入を行う。
借入が行えない場合は、銀行返済金額の減額(リスケ)を行う。
リスケ期間中に、売上向上策の実行や、不採算事業の撤退、経費削減の徹底などを行い、資金を確保する。そのような流れになります。
つなぎ融資で3ヶ月ほど借り入れできないでしょうか?
先々、入金が確定的なものであれば、融資や債権担保融資などで凌ぐことは可能です。
しかし、入金が不確定や赤字の場合はかえって状況を悪化させてしまうことがありますのでご注意ください。
資金調達をお願いしたら、本当に必要な額を借りられるのでしょうか?
それは御社の財務状況によって違います。 融資をするかしないかの最終判断は金融機関がしますが、万一借りられない場合にも資金繰りが出来れば良いわけですから、他の方法もございます。
むしろ借入金を増やさずに財務状況を改善できれば、借りられなかったことが次回の融資につながることも良くあります。
銀行融資を断られました。ノンバンクでの資金調達を考えています。
使用使途の説明や、提出書類の内容は十分でしたか?決算書や事業計画書の内容で、銀行側が見ているポイントが数箇所あります。そこをしっかり押さえた書類でなければ、断られてしまうことはあるでしょう。一度専門家に相談してみましょう。また、ノンバンクは金利が高いです。銀行借入の返済のために、ノンバンクから借りることはお勧めできません。まずは銀行返済金額の減額(リスケ)を行いましょう。
代表者自身、過去に破産をしました。融資は難しいでしょうか。
破産された時期にもよりますが、かなり厳しくなります。延滞などで信用情報機関に載っているだけならば、融資の可能性はあります。代表者変更や先々の資金調達を見据えた提案などを、弊社で行うこともできますので、お気軽にお問合せください。
銀行以外でも資金調達はできますか?
はい、手段はあります。中小企業を対象に融資を行っている、日本政策金融公庫や商工組合中央金庫があります。また、売掛金や不動産を担保にした融資や、リースバックなどの調達方法もあります。資金調達が可能かどうかは、財務状況などによりますので、詳細はお問合せください。
複数の金融機関から同時に借り入れができますか?
財務状況によりますが、複数の金融機関で按分して資金調達することは可能です。保証協会側が承認していれば、双方とも保証協会付きの融資でも可能です。保証協会付きでない融資の場合、副るうの金融機関に同時に依頼し実行されることは、起こりえます。ただし信用の問題もあるので、銀行へ伝えておいた方が良いでしょう。
2.3日以内に緊急で資金が必要になってしまいました。
このような緊急の場合ですと、銀行などの金融機関ではさすがに間に合いません。
売掛金などがあるのであれば、懇意にしている提携のファクタリング業者をご紹介いたします。
弊社のご紹介ということで優先的にスピーディーに売掛金の資金化に成功するケースも多々あります。
金額は100万から1500万円にまで及びます。ただし手数料が高いので、使うのはあまり頻繁でないほうが良いので、そのあたりも資金繰り表をご一緒に作成しながら検討していきます。
ファクタリングを利用したいのですが、最近乱立しすぎてどちらの業者さんへお願いしてよいかわかりません。
最近多数、目にするファクタリング業者さん、沢山ありすぎてどちらにお願いしたらよいかわからないですよね。そのような場合でも弊社にご相談いただければ、提携する信用のおけるファクタリング業者をご紹介いたします。
またレートも取引条件も紹介ということで優遇されますので、急ぎの資金でファクタリングを利用されたい方はご相談ください。