ご相談事例 - 事業再生コンサルティング

リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886

ご相談事例紹介

これまで行ってきた事業再生の事例を一部ご紹介いたします。

case1
年商 10億円
業種 メーカー
自宅、本社ビル、投資マンション3棟、ワンルームマンション10部屋を保有
借入額 8億円
従業員 30名
元金返済 毎月800万円
オーダー すべての資産を残した上で事業を縮小し、妻の会社で事業を継続したい
内容
  1. まずは資金繰りを安定させるため、全ての銀行に対して交渉を行い元金据え置きのリスケジュールを行い毎月の元金返済800万円をストップし利払いのみとし、資金繰りの問題を解決。
  2. リスケジュールを行っている間に合法的に妻の会社へ事業、会社資産の全てを譲渡する。
  3. 不動産に関してはファイナンス会社と協力し、奥様の会社にファイナンスを行いそちらに全て任意売却(不動産が多数あるためファイナンス金額は総額で4億円、交渉から決済までの期間は3年間)で徐々にオフバランスを進める。当然のことながら全ての物件がオーバーローンであるため金融機関と金額交渉し全て時価売買にて経済的利益は5億円程度となった。
  4. 全ての資産が譲渡された状態で本体の会社を休眠状態とする。
結果 以上の手続きを全て弊社の顧問弁護士と相談しつつ合法的に事業再生を行い、現在は新会社において事業を拡大中であり、現在は海外にも展開中。
case2
年商 3億円
業種 飲食店
自宅、飲食店舗を保有
借入額 5億円
従業員 10名
元金返済 毎月300万円
内容
  1. まずは資金繰りを安定させるため、全ての銀行に対して交渉を行い、元金据え置きのリスケジュールを行い、毎月の元金を利払いのみとし年間3600万円のキャッシュフローの問題を解決。
  2. リスケジュールを行っている間に兄弟が新会社を設立し、そちらで以前から行っていた食材の卸業務をスタート。
  3. 新会社で再生し業歴が1年となり、年商が1億円を突破し金融機関の借入が可能な状態となり、資金調達3000万円を実行。
  4. 3のタイミングを見てまずは飲食店舗を提携しているオフバランス会社に2000万円にて売却。ちなみにこの物件についていた抵当権に順ずる借入金額は3億円、これを2000万円に減額交渉に成功。
  5. オフバランスした店舗において又別に準備しておいた新会社で賃貸借契約を締結し新屋号にて飲食店オープン。
  6. 卸売り会社、新飲食会社の事業を軌道に乗せた上で旧会社を法的整理。
結果 現在では食材卸会社は年商10億円、飲食店舗は年商3億円。
金融機関の信用も得られ調達額は3億円以上。
手元キャッシュは2億円となり、資金繰りの問題も解決し、飲食店舗は東南アジアへ新店舗展開されており見事に事業再生されました。
case3
年商 5億円
業種 製造業
自宅を保有
借入額 4億円
従業員 10名
元金返済 毎月600万円
内容
  1. まずは資金繰りを安定させるために、全ての銀行に対して交渉を行い、元金据え置きのリスケジュールに成功。毎月の支払を元金のみとし、年間7200万円の返済を圧縮したことにより資金繰りの問題を解決。
  2. リスケジュールを行いながら、売上計画を策定し、その目標に向かい営業力強化を目指すq。
  3. 売上が上がらず、対して対外的に法的整理ができないため、債権をサービサー、保証協会へ売却し、実質4億から3000万へ債権を圧縮。
結果 借入が圧縮され、毎月の返済額も軽減されたので、資金繰りの問題も解決した。
現在では、債権者からの取立てもなくなり、前向きに事業活動をされています。
信用情報の問題があるため、新規の資金調達はできませんが、それを良しとして健全な経営を行われております。
再生後の展開も含めて現在もご相談いただいている状況です。
case4
年商 1億3000万円
業種 飲食店
借入額 7000万円
従業員 8名
元金返済 毎月110万円
内容
  1. 資金繰り安定の為、全ての銀行に交渉を行い元金据え置きのリスケジュールを行い利払いのみとし年間1300万円のキャッシュフローの問題を解決。
  2. リスケジュール中に会社内容をデューデリジェンスし株価算定。
  3. オーナーの意向によりM&Aを行うため譲渡先を探し、打診交渉。
  4. 適正な株価によりM&Aを実行し、旧オーナーの借入を返済。
結果 売り手買い手共に納得のいく形でM&Aを成立し解決。