よくあるご質問 - 事業再生

リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886
HOME 事業再生 よくあるご質問

よくあるご質問

 

赤字経営ですが事業再生は可能ですか?
赤字ですと現状、再生は難しいかと思われます。
しかし、原価率、販管費の見直しにより、赤字の原因やその解決が図れるかが事業再生できるかどうかのポイントとなってきます。まずは、資金繰り状況を正確に把握し、問題点を見極めるのがポイントかと思います。
自力では再生が難しそうなので、よいスポンサーを見つけたいのですが。
貴社の状況を詳しくお聞かせ頂き、貴社に最適なスポンサーを探すお手伝いをさせて頂きます。また、当社のこれまでの実績から独自のネットワークを利用し迅速に対応させて頂きます。まずはご相談ください。
このままいけば会社は倒産です。一番良い会社の閉め方はどのような方法でしょうか?
社長自身どのように閉めたいかです。家族や従業員を守りたい!
株主や債権者に迷惑をかけたくない!今後どのように生活すればよいのか?
不安はたくさんありますが考えていても解決はしません。但し、様々な法律があり、解決策は必ずあります。最終的には社長の「決断」で決まります。
弁護士を紹介してくれるのでしょうか?
弁護士だけでなく、場面に応じて、司法書士や不動産鑑定士、等を紹介し、法的にも問題ない手続きで進めていきますので、ご安心ください。提携弁護士も数名おりますので、貴社に合った弁護士で事業再生を進めていくことができます。
銀行借入への返済ができなくなりました。自宅が担保に入っています。どうしたら自宅を守れますか?
返済の条件変更(リスケ)は行いましたか?まずはリスケを行いましょう。リスケ交渉に不安があれば弊社にご相談ください。また、その後どうやって売上を伸ばすのか、売掛を回収するのか、支払いを削減するのか、対策を練っていく方向となります。ご自宅ですが、リースバックを活用したり、知人・親戚などに協力をお願いする方法など、守る方法はございますので詳細ご相談ください。
弊社には後継者がいません。従業員がいるので会社をたためません。どうしたらよいでしょうか。
会社が無くなってしまって困る人は沢山いると思います。取引先、お客様、もちろん従業員、その家族。ですので、後継者を育てることは経営者にとって大切な任務なのです。とはいえ、なかなか「この人間なら全て任せられる」という人材にめぐり合うことも難しいでしょう。例えば、一人ではなく数人に役割を分担する方法、または同業に事業を引き継ぐ方法もあります。財務部長を育てたければ、弊社がコンサルティングによりご指導いたします。多くのハードルがあると思いますが、必ず策は見つかると思います。
会社が倒産した場合、私(代表)の家族名義の資産についても差し押さえられますか?
大丈夫です、連帯保証人になっていない限り、ご家族の資産は差し押さえられません。会社が倒産した場合でなく、相続が発生した場合は「連帯債務」が起こり、ご家族に引き継がれることが起こりえます。その場合、単純承認・限定承認・相続放棄などの判断になります。相続に関しましてもご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。
会社を何とか建て直したいです。どうしたらよいでしょうか。
顧問の税理士先生に相談してみましょう。先を見据えた各計画(売上・粗利・損益・キャッシュフロー)を作成し、実態をしっかり把握しましょう。また、所有不動産、保証人の状況、借入金状況などにおいて一つずつ精査していってみてください。顧問の税理士先生以外に相談し、セカンドオピニオンを得るのもよいでしょう。弊社でも、数多くの事業再生案件を行ってまいりましたので、どうぞご相談ください。