損益とキャッシュフローの違い - 資金繰りホットライン

リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886
HOME 財務改善損益とキャッシュフローの違い
損益とキャッシュフローの違い

損益とキャッシュフローの違い

勘定あって銭足らず・・・なぜだろう?

勘定あって銭足らずとか昔から言われますよね。
会社の決算がすごく黒字なのに、資金がなくて赤字倒産なんてことがあったり、そういう現象がなぜ起こるのかを実例的な流れで見てみたいと思います。

かっこよく言うと損益と資金繰りの違いがなぜ起こるかということです。
キャッシュフロー経営とかキャッシュが大切なんて、表現が最近よく使われているようですが。
まあ、当たり前といえば当たり前ですよね。みんなお金が大好きだし、儲けるためにみんな悪戦しています。
それで一生懸命売上を上げて頑張っていて、帳簿上も利益が出るようになるのだけど、なぜかお金が足りない・・・
単純に考えると、帳簿上に出ている利益と同じ金額が手元に蓄積されていってしかるべきという感じがするのですが、そうならない・・・
なぜこのズレが発生するのでしょうか?
それを理解するには、損益計算書の成り立ちと、お金の流れとの違いを考えると分かりやすいと思います。端的にそのズレが発生するのは会計が発生主義という原則に従って行われているからなのです。
  例えば、損益計算書は請求書を送った段階(役務の提供が終わった段階)で売上として計上されますが、キャッシュフローで考えると、その状況ではなにも発生していないですよね。むしろ切手代がかかるぐらいなものです。笑
そういうズレの蓄積から起こるのが、まさに勘定あって銭足らずの現象なのです。
このズレの蓄積が起こる理由を理解する為にはキャッシュフローと損益(P/L)との違いを把握する必要があります。まずはこれらの違いを見ていきましょう。

PLとの違い

益は概念。キャッシュは事実。この言葉は昔僕が会計を勉強したときに先生が教えてくれた、なるほどと、考えさせられた言葉です。
利益・・・つまり中小企業においては決算をする際に作成する損益計算書(P/L)で表示される利益のことを一般的に言います。
もし企業取引がすべて現金取引であれば、利益とキャッシュは一致するはずです。しかしながら、企業取引には掛け取引があったり前払いがあったり借り入れがあったりして、そうはならないところがまさに勘定合って銭足らずといった言葉の所以なのです。
それを簡単な取引で説明してみましょう。

  • 1,000円の掛け売上
  • 300円の掛け仕入
  • 200円の借り入れ
  • 400円の人件費

この四つの取引があったとしたら損益計算はどうなるでしょうか。

売上 1,000円
仕入 300円
人件費 400円
利益 300円

以上の形になります。でもこれを資金繰りで見てみますとどうなるでしょうか?

売上 1,000円は入ってきていない
仕入 300円はまだ払わなくてよい
人件費 400円は払わないとならない
利益 300円は入ってきている

というまさに現実があります。

つまりは、人件費がマイナス400円、借入はプラス200円で差引マイナス200円というキャッシュフローになるのです。 これがまさに勘定合って銭足らずという事実で、損益計算では利益が300円あるのにキャッシュフローではマイナス200円という現実が発生している状態なのです。

会社の資金繰りをもう少しシンプルに考える為に、今度は一般サラリーマンで例えてみます。

会社の資金繰りと損益を、サラリーマンのお財布で考えてみましょう

普通のサラリーマンのAさんの、一月のお金の流れで損益と資金繰りを対比させて見たいと思います。
このAさんの5月1日から5月31日までの1カ月間のお金の動きを次の通りとします。

  • 5月1日に財布に5万円入っていました。結構リッチです。
  • キャッシングの返済で5万円を支払いました。あらら。。(借入金の返済)
  • クレジットカードで7万円の洋服の買い物をしました。おしゃれさんですね(会社でいう買掛金)
  • 飲みに行って5万円支払いました。羽振りが良いですねぇ。笑(交際費の計上、支払い)
  • 4月分の給料が29万円入りました!嬉しいですね〜(会社でいう売掛金の入金)
  • 2カ月前のクレジットカードでの買い物で10万円引き落とされました、、、、カード依存なのでしょうか。笑(会社でいう買掛金による仕入れの支払い)
  • 生活費として10万円支払いました。家賃や水道光熱費、生活費でしょうか(経費の計上、支払い)
  • 5月分の給料30万円が6月に入る予定です。Aさん5月も頑張りましたね〜(会社でいう売掛金)

さて、Aさんの損益計算書を作ってみましょう。
  上記の流れを損益計算書の形でまとめたのが下の表です。
売上(5月の給料)から仕入れ(クレジットカードでの買物)や交際費(飲み代)などを差し引いたものです。

損益計算 (5月1日~5月31日)
売上 300,000円(給料)
仕入 70,000円(クレジットカード)
交際費 50,000円(飲み代)
経費 100,000円(生活費)
利益 80,000円

これでざっと見ると8万円の利益が出ているということになりますね。これがまさに損益上の利益です。
では5月末のAさんのお財布の中はどうなっているのでしょうか。
8万円あるのであればスッキリするのですが・・・

次に、Aさんの資金繰りを見てみましょう。
なんと、キャッシュフローで見ると、下の表の通りになります。
1カ月間の差し引きは1万円の資金減少で、財布の残高は4万円に減りました。まさに勘定あって銭足らずの状態です。

Aさんのキャッシュフロー (5月1日~5月31日)
5月1日のキャッシュ 50,000円
売掛金回収 290,000円(4月分給料の入金)
買掛金支払 100,000円(2か月前のクレジットカード支払)
交際費支払 50,000円(飲み代)
経費支払 100,000円(生活費)
借入返済 50,000円(キャッシング返済)
収支金額 -10,000円(収入から支出を差し引き)
5月末のキャッシュ 40,000円

なぜ、Aさんの損益と資金繰りがずれたのか。
それは、給与の締め日と入金日のズレ、損益計算書には出ていなかった、前回のクレジットカードの支払いやキャッシングの返済があったことがお分かりいただけると思います。
こういうことが個人レベルでも発生するのですから、年間数千万から数億円が動く会社の損益と資金繰りに関して考えると、さらにこのズレが大きくなっていくだろうことは想像できるかと思います。
ですから、会社の経営者はこの感覚をつかみつつ、税理士さんが作成する試算表と資金繰りが違うことを認識し、将来の資金繰り表を作成することをお勧めします。

まずは簡単に、シンプルに資金繰り表を作成してみましょう。

財務諸表と資金繰りのつながり

ズレが大きくなると「認識ミス」では済まされません。会社の存続に関わる大問題です。
そうならない為に、財務諸表は上場企業においては2000年3月からキャッシュフロー計算書の添付が義務づけられているのです。

つまりは

  • 損益計算書
  • 貸借対照表
  • キャッシュフロー計算書

以上を財務三表と呼んだりもしますが、このキャッシュフロー計算書が損益と資金繰りとのかい離を補てんする役割をしているのです。

さらに踏み込んでゆくと、この財務諸表はあくまでも過去の結果であり、これから将来に向かっていく時、資金繰り予定表として、いつどのくらいお金が足りなくなるのか、余剰するのかを見ていく必要があります。これがまさに、事業経営における資金繰りであり、逆に表現すると損益上赤字であろうとキャッシュさえ回っていれば、事業経営は当面は成り立つということになってしまうのです。
 今現在、日本の法人の約7割が赤字だといわれていますが、それらがみんな倒産しているわけではない現実がこのあたりにあると思われます。

ページの先頭へ