BLOG ブログ

減資のメリット

減資のメリット

つい最近旅行業大手のJTBが資本金を1億円まで減額する【減資】をすることがニュースとなりました。

一見あまり良くないことのような響きのこの減資ですが、実は様々なメリットがあるんです。

まず減資の説明をする前に資本金1億円というところがキーワードになってきます。法人税法においてこの資本金1億円というのは大企業と中小企業という区分の分かれ目になっています。

では、中小企業は大企業に比べてどのような利点があるのでしょうか。

簡単にご説明していきます。

①法人税の税率

まずそもそもの税率が異なってきます。この中小企業と大企業の区別は国として中小企業を育てていくという意味合いもあるので、中小企業には有利になっています。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5759.htm

②欠損金の繰越が全額出来る

赤字を翌年に繰り越して、次年度の所得金額に損金算入して法人税額を減らすことの出来る制度です。大企業の場合、赤字が生じても全額とはいかずその金額に%を乗じた額のみ繰り越しとなります。コロナ禍において旅行業界は大変なダメージを受けていると考えられますので、こういったところも一因かもしれませんね。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5762.htm

③交際費を800万円まで損金算入出来る

中小企業は800万円までの交際費等または飲食その他これに類する行為のために要する費用の50%のどちらか有利な方を選択し損金算入することが出来ます。

しかし、大企業は接待交際費の50%を超える部分に関しては損金とすることが出来ません。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5265.htm

他にも細かな部分はありますが、大まかなところではこの中小企業化というところにメリットを見出し減資に踏み切ったのではないかと予想できます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社SGHでは、資金調達のご相談や助成金・補助金など様々なご相談に対応しております。小さなことでも結構ですのでお気軽にご相談ください。

CONTACT
お問い合わせ

資金繰りに関するご質問・ご相談などは
お気軽に以下のフォームからお問い合わせください。