BLOG ブログ

先日のご相談事例

先日のご相談事例

先日は神奈川県でレストランなどへ食品を卸されているお客様よりご相談がありました。

コロナ前までは好調で全く問題なかった売上が飲食店の影響より連鎖し、社長様ご自身の会社も大きく売上が下がってしまっているとの事でのご相談でした。

弊社としましてはこういったご相談を頂いた場合、まず初めに金融機関への借入打診の有無・借入をされている場合は滞納など返済状況、また税金などの支払い状況などの確認をさせて頂きます。

今回ご相談頂いたお客様もこのご時世ですので、金融機関からはお借り入れをされた後に長期化する休業要請に耐え切れなくなってのご相談でした。

もう金融機関からの融資は諦めていらっしゃいましたが、実は今年1月に保証協会が融資の限度額を引き上げたという発表がありました。

これによりより大きな融資を受けることが可能になっている旨をお伝えして、まずはこちらの融資を進めながら直近では弊社の提携の会社からの融資を凌ぐという方法をご提案させて頂きました。

以下参考URL

https://cgc-tokyo.or.jp/cgc_covid-19_info_2020-3.pdf

https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/chushou/kinyu/yuushi/yuushi/new/

こちらの融資如何によっては次の方法を打っていくという形になりますが、まずは進むべき方向が見えたということでひとまず安心してお帰りになりました。

今回の新型コロナ感染症の影響で様々な業種で資金需要は高まっており、資金の枯渇の波が来るタイミングも業種や会社様の体質により様々です。

ギリギリでのご相談になると弊社としても取れる方法が限られてくる他、借入にしても利率が悪くなる傾向にあります。少しでも変化を感じた際に、会社の健康診断代わりにお問い合わせ頂ければ幸いです。

株式会社SGHでは助成金・補助金のサポートはもちろん、資金調達や事業再生に関しても支援を行っております。

気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT
お問い合わせ

資金繰りに関するご質問・ご相談などは
お気軽に以下のフォームからお問い合わせください。