BLOG ブログ

信用情報って何?取扱㬢業者とその特徴

信用情報って何?取扱㬢業者とその特徴

本日は借り入れの際に重要になってくる信用情報についてご説明していこうと思います。

信用情報というのは個人情報の一つでクレジットカード等の申し込みの内容が一覧となった情報で、他にもローンなどの分割払いやその返済状況等が表示されているものとなります。

信用情報を取り扱う機関としては株式会社CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)やJICC(株式会社日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)などがあります。

【信用情報にはどんな情報が載っているか】

CICの場合

申込情報

本人を識別するための情報

氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等

お申込み内容に関する情報

照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等

クレジット情報

本人を識別するための情報

氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等

契約内容に関する情報

契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等

お支払状況に関する情報

報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等

割賦販売法対象商品のお支払状況に関する情報

割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無等

貸金業法対象商品のお支払状況に関する情報

確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無等

利用記録

ご本人を識別するための情報

氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等

利用した事実に関する情報

利用日、利用目的、利用会社名等

JICCの場合

本人を特定するための情報

氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等

契約内容に関する情報

登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額等

返済状況に関する情報

入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等

取引事実に関する情報

債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等

申込みに関する情報

本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等

KSCの場合

上記の2機関とほとんど同じなのですが、他の期間と比べて情報の保存期間が長いことが特徴になります。過去にトラブルがあり、現在クレジットカードは作れるが銀行借り入れが通らないというときはこちらの保存期間の差が影響している場合もあります。

KSCはその名の通り銀行が個人情報を確認する際に使用する可能性が高いのでそういったギャップも起こりやすくなります。

【信用情報はどういった場合に必要になってくるか】

主に信用情報はクレジットカードの申し込み、分割払いでの商品の購入、ローンを組んでの購入の際に商品や役務を提供する企業が上記の信用情報取り扱い機関に信用情報の照会を行います。

そこで信用情報に問題がないと判断されれば、契約となりその際に新たに今回の信用情報が登録されるという流れになります。

この信用情報ですが、現在の支払い状況や過去の滞納の情報も数年に渡って残っていくものとなります。

そして、法人として借入をする際もその会社の社長様個人の信用情報は金融機関に確認されることになります。

法人としては問題がないのに、社長様の信用情報が原因で融資を断られるケースは現実的にとても多いです。

こちらの信用情報はとても少額で確認することが可能ですので、融資の申し込みをされる前に一度確認をされることをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社SGHでは助成金・補助金のサポートはもちろん、資金調達や事業再生に関しても支援を行っております。

気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT
お問い合わせ

資金繰りに関するご質問・ご相談などは
お気軽に以下のフォームからお問い合わせください。