BLOG ブログ

損益計算書って?

損益計算書って?

貸借対照表が企業の財政状況を表すのに対し、損益計算書は企業の経営成績を表します。

経営成績とはどれだけ儲かったかです。儲けがマイナスであれば、どれだけ損したかということになります。

損益計算書では、売上高から始まり、そこからかかった費用を差し引いて損益を計算します。

収益から費用を差し引き、利益または損失を示しますが、どのような活動でどのくらい収益が発生したのかがわかるように、企業活動ごとに段階的に表します。

売上総利益  

売上高から、商品の仕入額や製造コストである「売上原価」を引いて、売上総利益を出します。売上総利益がいわゆる「粗利」に相当します。

営業利益

「売上総利益」から「販売費及び一般管理費(販管費)」を引いたものが、営業利益になります。

販管費には、販売に関係する従業員の給料、広告宣伝費、運搬費などが含まれます。

本業での営業活動の成果を表し、これが企業の利益の源泉となります。会社の業績を評価する際には、まず営業利益に注目される事が多いと思います。

経常利益

企業には本業以外で生じる収益と費用があり、それぞれ「営業外収益」「営業外費用」と言い、まとめて「営業外損益」と言います。

「営業利益」に、「営業外損益」を考慮し、経常利益を算出します。

営業外損益は、大別して金融上の収益とその他の収益があります。

主な収益として、受取利息、受取配当金、有価証券評価益、仕入割引、雑収入です。

主な費用としては、支払利息、創立費や開業費の償却、有価証券評価損、売上割引、雑支出です。

仕入割引や売上割引は、買掛金や売掛金を期日より前に決済した場合の割引となります。値引きとは異なるので注意が必要です。

このように算出した経常利益が、臨時・異常な取引を排除した通常の収益を表し、非常に重要視されます。

税引前当期純利益

「経常利益」に「特別損益」を考慮し、税金を控除する前の利益を計算します。

特別損益には、固定資産売却損益、不動産の売却損益、投資有価証券の売却損益、災害による損失があります。

注意が必要なのは、企業は都合が悪い損失を特別損失で処理し、その分経常損益をよく見せようとする傾向があります。

国際会計基準では特別損益という項目はなく、恣意的な利益操作の余地を許さない仕組みが求められています。国際的には経常利益が重要視されない傾向があるのも、このためです。

当期純利益

「税引前当期純利益」から税負担を引くことで、「当期純利益」が残ります。

当期純利益が、すべての費用を差し引き、最終的な企業の儲けになります。

段階的に企業活動の儲けを算出することで、営業活動はプラスになっているが、他の部分で損失を出しているのかを区別する事ができます。

例えば、最終赤字になっていても、営業利益がプラスで、特別損益で突発的な損失が多かった場合、企業活動としての評価は変わってくるでしょう。

このように、損益計算書では段階的に利益を出す事で、企業の状況を正しく把握できるのです。

借入の際など損益計算書はとても重要な書類になります。

利益毎に特性を理解しておくことで経営のボトルネックを知ることが出来、利益の流れをしることが容易になりますので、是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社SGHでは助成金・補助金のサポートはもちろん、資金調達や事業再生に関しても支援を行っております。

気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT
お問い合わせ

資金繰りに関するご質問・ご相談などは
お気軽に以下のフォームからお問い合わせください。