BLOG ブログ

財務分析とは?

財務分析とは?

財務分析とは、財務諸表の数値から企業の経営判断を分析する事です。

どれだけ効率的に利益を出しているか、経営に問題が無いかなど、現状を判断したり、今後の経営判断に利用されます。

新聞記事や会社四季報などでは、会社の経営状況を表す情報として指標が使われています。

投資家や金融機関などの外部の人々が、その企業を客観的に評価するために、公表されている財務諸表のデータを用いて分析が行われています。

5つの財務分析

主な指標は損益計算書と貸借対照表の項目の比率計算であり、収益性、安全性、効率性、成長性、生産性の5つの視点で分析に活用されています。

それぞれどのような指標があるのか見ていきましょう。

収益性分析

企業どれだけ儲かっているかを見るもので、主に損益計算書のデータを用います。

収益性の指標としては、売上高に対する利益の割合である売上高利益率があります。

企業活動のどの段階で利益が発生しているか、もしくは費用が掛かりすぎているかを分析できます。

また、貸借対照表も組み合わせて、資本に対してどれだけの利益を上げられているかを評価する、総資本利益率(ROA)、自己資本利益率(ROE)も利用されます。

安全性分析

貸借対照表の流動負債の項目と流動資産の割合により、短期の支払い能力を評価します。

支払いが滞ると、倒産につながる恐れがあるため、安全性分析と呼ばれます。

流動比率や当座比率、手元流動性などの指標が用いられ、これらの数値が高いほど支払い能力も高く、資金繰りが安定していると評価できます。

効率性分析

総資産回転率、棚卸資産回転率、固定資産回転率などです。

一定の資産に対して、どれだけの売上が出せているかを評価します。

回転率が高いほど、限られた資産で効率よく売上を出すことができている事になります。

業種・業態によって回転率は異なってくるので、他の会社との比較よりは、自社の経年変化を見る事の方が有効と考えらえます。

成長性分析

損益計算書の売上高や、利益の変化を比較し、伸び率を見る事で分析を行います。

前期と比較した売り上げや利益の伸び率の変化で、成長性を分析します。

生産性分析

従業員や設備などを効率よく活用しているかどうかを表します。

労働分配率、労働生産性などです。

まとめ

財務諸表は難しく感じるかもしれませんが、難しいのは財務諸表を作ることで、読むのはそんなに難しくはありません。

損益計算書から収益性を、損益計算書から安全性を読み取ることができる事が理解できれば、あとはシンプルな比率計算で指標が計算される事がほとんどです。

財務諸表の読み方を理解し、株式投資や経営に活用いただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社SGHでは助成金・補助金のサポートはもちろん、資金調達や事業再生に関しても支援を行っております。

気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT
お問い合わせ

資金繰りに関するご質問・ご相談などは
お気軽に以下のフォームからお問い合わせください。