BLOG ブログ

自己資本比率とは?

自己資本比率とは?

決算書で分析できることの一つとして、企業の安定性をはかる自己資本比率があります。

自己資本比率=自己資本÷総資本

総資本とは、貸借対照表の負債の部と資本の部を合わせたものです。

自己資本比率は、資金調達のバランスを見るもの

会社にある資本のうち、返済する必要のない自己資本がどれくらいあるかを示し、企業の中長期的な安定性を示すものと言えます。

外部から調達した借入金などの負債は、他人資本と呼ばれます。

それに対して、自己資本は、利益剰余金や資本金など返済する必要のないものです。

つまり、資金の調達源泉である貸借対照表の右側の構成がどうなっているかを表すものになります。

自己資本比率の数字のとらえかた

自己資本比率が高いほど負債が少ない事を表し、借入金に依存した資金繰りが少ないという事になります。

一般的には、40%以上の自己資本比率であれば倒産しにくい会社と言われています。

ただし、自己資本比率が50%を越えるような企業でも、現金や現金同等物が少ない場合は注意が必要です。

資産の多くが、すぐに現金化できない性質のものだと、支払いが必要な場合に現金が不足してしまい、新たな借入を行う事になってしまいます。

また、自己資本比率が高くても、効率的に稼げているかという観点では評価が下がってきます。

売上が減少傾向であれば、新たな事業投資ができていなくて、事業が縮小しているという事でもありますので、注意が必要になります。

借入をして事業投資をするという事は、少ない手元資金にレバレッジをかけてより大きく稼ぐという事でもあります。

外部からの負債が少ないことが良いことは確かなのですが、時には借金をして成長事業に投資することも経営判断では必要です。

結局は調達バランスが偏ったものになっていないかを総合的に判断するための一つの材料です。

自己資本比率は、企業の安定性を示す指標ではありますが、決算書の数字だけで十分な経営分析ができるとは限りません。

前年の数字との比較や、他の財務指標を活用し、合わせて会社の事業投資の内容も加味して総合的に評価することが重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社SGHでは助成金・補助金のサポートはもちろん、資金調達や事業再生に関しても支援を行っております。

気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT
お問い合わせ

資金繰りに関するご質問・ご相談などは
お気軽に以下のフォームからお問い合わせください。