BLOG ブログ

株式会社とは?

株式会社とは?

本日は株式会社についてお話していこうと思います。

日常的に目にする有名な会社はほとんどが株式会社ですし、日経平均株価が上がったとか下がったとかニュースになりますね、経済活動で株式会社の果す役割は大きなものです。

では、株式会社とはどういうものなのでしょうか。

株式会社は、株式という証券を発行して、複数の人から少しずつ出資してもらいます。出資してもらったお金をもとに、事業を行っていきます。

出資した人を株主といい、株主の出資によって会社が成り立つため、会社の所有者は株主となります。

株主は経営に参加をすることはできますが、大きな会社になると株主もたくさんいるため、実際には取締役に経営を任せることになります。

利益が出たら、配当として株主に還元されます。

出資した人に与えられる権利が株というものになります。

複数の株主がいる場合、所有する株式の数に応じて権利が与えられ、

発行株式の50%を超える場合は会社の意思決定のほとんどを行える権利を持つことになります。

投資額以上の責任が無いのが株主

もし会社が倒産したとしても、会社は株主に出資金を返済する義務はありません。

また、株主は会社の債務に対して出資額以上の責任はないというのも大きなポイントです。

会社が倒産などで債権者に対して債務を返済できなくなったとしても、株主の個人的な財産は守られるという決まりがあり、それを有限責任といいます。

株主にとっては出資した額を越えるリスクはありません。

株を買いとってもらう人がいなければ出資金が返ってこないというリスクがありますが、会社が存続している限り、配当金のリターンが期待できるわけです。

出資と貸付は違う

株の発行は、設立時だけではなく、増資という形でいつでも新規株式を発行できます。

出資してくれる人がいれば、増資することも一つの資金調達のやり方です。

会社が資金を調達するという事では、金融機関からの会社への貸付というものもありますが、出資と貸付は違うのでしょうか。

貸付金については、借りた側は返済する義務があります。

もし借りた会社が倒産など、返済できない状況になったら、貸し付けた方は貸し倒れ損失を被ることになってしまいます。

そのため金融機関としては、会社に貸し付ける場合は、個人の連帯保証人をつけないと融資が受けられないケースがほとんどです。

社長が連帯保証人となったり、社長が持つ土地などの財産を担保にして回収できるようにしておくわけです。

お金を貸し付けることと、出資は根本的に違うことがわかりますね。

増資で資金調達する

では、出資を受けた場合には返す必要が無いのなら、増資して追加の株式と引き換えに資金調達すればよいケースもあるかもしれません。

でも、経営者としてはよく考えた方がよいと思います。

金融機関による貸付であれば、返済の義務はあるものの、貸した側(金融機関)には経営に直接介入する権利はありません。

投資家が現れて出資してくれるという事になった場合、将来的に株主としてその投資家が経営の意思決定に介入してくる可能性もあります。

あまりよく知らない人からの出資は受けない方が良いのはこの為ですし、世の中の株式会社のほとんどが同族経営なのもそのためです。

株式会社にすれば、増資という形で資金調達する事も可能になりますが、

資金調達のために増資するべきか、融資を受けるべきかは適切に判断しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社SGHでは助成金・補助金のサポートはもちろん、資金調達や事業再生に関しても支援を行っております。

気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT
お問い合わせ

資金繰りに関するご質問・ご相談などは
お気軽に以下のフォームからお問い合わせください。