BLOG ブログ

飲食店を始める際の費用とは

飲食店を始める際の費用とは

飲食店の開業を考えた場合、どれくらいお金が必要なのでしょうか。

大まかなシミュレーションができるように、どんな費用が必要になるのか見ていきましょう。

物件取得にかかる費用

飲食店を始めようとして、最初に考えなければならないのが、店舗をどうするかでしょう。

多くの場合、店舗用の賃貸物件を借りることになると思います。

一般の住宅の賃貸と違って、保証金として10か月程度必要になります。

保証金は退去時には一定の金額が償却されて返還される場合もあるので契約書を確認しましょう。

他に仲介手数料、前家賃もかかってきます。

また、居抜き物件といって、調理設備や什器、客席の家具など、前に営業していた店舗の設備をそのまま引き継ぐ条件が付いた物件もあります。

そのまま利用できる場合は新たに設備を購入する費用を抑えられますが、造作譲渡費として前の借主に支払う必要があります。

居抜き物件で借りたけれど、退去時には借主がスケルトンに戻すことが契約書に書かれていることが多いと思います。

これから始めようとしているときに、閉店し退去するときのことを考える事はあまりないと思いますが、

どんな状況で廃業に追い込まれるかもわかりません。

スケルトンに戻す工事の費用も頭の片隅に置いて経営を続けていくのは大事なことだと思います。

店舗への投資

内外装工事の費用

店舗の外装、看板の工事、内装工事も必要になります。

飲食店営業をするには店舗の構造や什器のルールがあり、保健所の現地確認で許可をもらえないと営業ができません。

扉付きの食器棚があるかとか、厨房と客席が仕切られているかなど、一通りの決まりにのっとって店舗が作られている必要があります。

そのため、飲食店の工事を得意とする工務店に依頼するとスムーズに進められるはずです。

備品の購入費用など

厨房の設備、食器、客席テーブル、椅子

店内装飾品や照明

メニュー作成

レジ

ユニフォーム

掃除用具

仕入れ先への補償金

食材の卸業者と取引する際に、補償金を預ける場合もあります。

そんなに多額ではないと思いますが、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

宣伝広告費

店員の募集広告、オープン告知ちらしなど。

グルメサイトや情報誌に掲載する場合の掲載費用

その他法令にかかわる事

これらは直接多額の費用が掛かるとは限りませんが、保健所や消防法の遵守事項など、開業前の忙しい時に忘れていると予定通り開業できないことにもなりかねません。

食品衛生法

食品衛生管理責任者がいない場合は、従業員の誰かが資格を取るために研修を受ける必要があります。そして飲食店営業許可申請を行い、実際の店舗を保健所の担当者に見てもらい営業許可がおります。

消防法

消防法にて定めされた消防設備(消火器など)があるかも確認しておく必要があります。

まとめ

細かいところはそれぞれの業態で変わってくるとは思いますが、事業計画を作る際に実際の営業をイメージして、必要な費用を見積もり、スケジュールについても現実的な計画を立てるようにしましょう。

そうすることで実際に事業として成り立つかを冷静に考える事ができますし、開業資金を金融機関から借りる際も審査が通りやすくなります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社SGHでは助成金・補助金のサポートはもちろん、資金調達や事業再生に関しても支援を行っております。

気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT
お問い合わせ

資金繰りに関するご質問・ご相談などは
お気軽に以下のフォームからお問い合わせください。