CASE 解決事例

リスケジュール

リスケジュールにより財務状況を改善

金融機関や財務状況により対応はさまざまですが、当事務所にてリスケジュールを行った際の事例です。

CASE STUDY 実際の事例

年商:3億円
業種:IT関連企業
借入額:9,000万円
元金返済:毎月150万円
取引銀行:4行

CASE STUDY

SOLUTION 当事務所による解決

上記の金融機関4行に事業計画書を持参して元金据え置きを2年間実施。これによりキャッシュフローを改善しながら戦略的な決算を行い少しずつ返済額を増額。その実績と債務償還年数とのバランスを鑑みて、メインバンクからすべての借入を肩代わりかつ余剰資金分も融資したいとの申し出があったため快諾しました。

RESULT 結果

現在では、金融機関の正常取引先となり、優良な決算書をもって資金調達も新たにできる体制が確立。長期的な資金繰りも安定しています。もちろん、売上・収益性も増加しており、クライアント様自身で資金繰りができています。

解決事例一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

資金繰りに関するご質問・ご相談などは
お気軽に以下のフォームからお問い合わせください。