ファクタリングのことなら全てお任せください!

リスケ成功率100%!元都市銀行員による確実・迅速な資金調達。

安心してご相談下さい。0120-961-886 0120-961-886
HOME ファクタリング ファクタリング

ファクタリング

こんなお悩みありませんか?

  • 至急資金が必要だが、あてがない
  • 金融機関からの資金調達は期待できない
  • 信用情報に傷があり、借入先がない
  • 会社が債務超過の状態にあり、融資を断られた
  • 税金や年金の滞納がある
  • 現在リスケ中で新たな資金調達が難しい

あなたはこのサービスで下記の結果を得ることができます。

  • 超短期での資金調達が可能です
  • 金融機関に頼らずに資金調達ができます
  • 信用情報に傷があっても資金調達できます
  • 会社が債務超過の状態にあっても調達可能です
  • 税金や年金の滞納、リスケ中でも問題ありません

当サービスの強みと特長をご紹介いたします。

  • 1弊社と太いパイプがあり安心して取引できるファクタリング会社を紹介いたします。

    現在ファクタリング会社が乱立している状況でどこのファクタリング会社が良いのかわからないのであれば、弊社とパイプの太い安心してお取引できる優良なファクタリング会社をご紹介いたします。

  • 2数年前よりファクタリングに取り組んでおり、多くの事例を斡旋してきております。

    弊社では数年前よりファクタリング業務のご紹介を行っておりますので、様々な案件を経験しております。この実績をもって最良のファクタリング会社にご紹介することができます。

  • 3先々の資金繰り、業績をみながら財務全般的にアドバイスいたします。

    ファクタリングの手数料は非常に高いものです。ですからその場限りの資金繰りではなくその先の資金繰りのご相談もしつつ中長期的な視点でアドバイスいたします。

  • 4最短1日での実行実績があります。

    スピードに関しては打診から実行まで最短1日のケースもありました。金額は1000万円です。あきらめないでご相談ください。

解決事例のごく一部をご紹介いたします。

ほかの業者よりも有利なレートにて申込み!

事業・業種 建設業 年商 3億円
調達額 1300万円
当時の状況 金融機関からの借り入れの返済をリスケジュールしているため、新規の資金調達ができない状況で現場工事の下請け業者への支払い、資材の仕入れが先行するための資金調達のご相談でした。
売り上げは月末締めの翌月末回収で、業況は非常によく売り上げも増加しているところでの資金繰りが圧迫されている状況でした。
成果 相談が月初だったので当月末の売掛金の内容の確認をしたうえで、ファクタリングの業者へのご紹介をし、ほかの業者よりも有利なレートにて申込み翌日に売掛債権の売却、資金化となりました。

翌日に契約、実行となり無事に人件費の支払い!

事業・業種 IT関連下請け企業 年商 3000万円
調達額 200万円
当時の状況 銀行の借り入れをしたいのですが、消費税、社会保険料の延滞がたまっており納税証明が取れず借り入れができない状況で資金繰りの相談を受けました。
翌日が人件費の支払いということでかなり緊急度が高く、社長も相当焦りを感じている状況でした。一緒に日繰りの資金繰り表を作成し資金繰りを整理、そして売掛金の確認を行いファクタリングで対応するしかないという結論に至りました。
成果 売掛金も毎月継続的にちゃんと入っていることを確認、請求書の内容の確認を行ったうえでファクタリング業者をご紹介。
翌日に契約、実行となり無事に人件費の支払いを行うことができました。

社長も元気に営業に飛び回っている日々!

事業・業種 教育関連企業 年商 3000万円
調達額 500万円
当時の状況 新規事業を開始し、既存の事業の赤字を補てんする方向性が見えつつある中で、3営業日後の人件費が支払いが困難であることが判明。人件費の支払いの遅延は、会社の業務に多大なる支障をきたすことが明白なため、公的機関からの入金までの間の資金繰りを相談されました。人件費の支払いは毎月10日、公的な売掛金の入金は15日。
この5日の入金のずれが経常的に問題があるということを社長とご一緒に日繰りの資金繰り表を作成する中で明確化し、今回の資金調達でそれを回避。今後半年先までの資金繰りをにらみつつ目先だけの対応でないことを認識したうえでの申し込みとなりました。
提携のファクタリング会社に打診、即時承諾をいただき旧吉原の前日に債権の売買を行い、人件費の支払いを問題なくクリアすることができました。
成果 このケースは目先の資金繰りのクリアという問題だけではなく、半年先に資金がかなり浮き上がってくるという明るい目標の共通の認識を持つことに大きな意味合いがいあったと思われます。
現在では資金繰りが改善され社長も元気に営業に飛び回っている日々です。

多くのお客様からお喜びの声をいただいております。

voice01 建設業

とにかく今は厳しいけれどもこの時期を過ぎれば資金繰りに余裕ができるはずと展望が見えました。

voice02 野菜販売業

乱立するファクタリング業者のなかどこと付き合ったらよいかわからず、こちらから優良な業者をご紹介いただけるということで採用させていただきました。

voice03 製造業

20%が平均のファクタリング業界の中10%前半の手数料での優良な業者を紹介いただき満額回答を面談当日に頂きました。

サポートの流れについて

  • STEP.1メール、電話でのご相談をお受けいたします。

    打ち合わせをさせていただき、お客様がいつ、どのくらいの金額が必要か、確認させていただきます。また、ファクタリングのスキーム、仕組み、費用をご理解いただき、納得した上で手続き開始となります。

  • STEP.2申込用紙記入、資料提出、ヒアリング、現状確認

    決算書、売掛金の情報等の必要書類をいただいた上で、弊社にて簡易査定をさせていただきます。また、このファクタリングが御社の資金繰りにどのようなメリットを与えるのかを、一緒に資金繰り表などを作成しながら検討していきます。同時に、懇意にしているファクタリング会社に打診を行い、相性の良い会社を選定します。

  • STEP.3ファクタリング業者への紹介、引き合わせ、面談

    STEP2を経て簡易審査が通った段階で、ファクタリング会社をご紹介いたします。内容は事前に先方へ打診しておきますので、資金使途の説明、人がらなどを面接していただく流れです。

  • STEP.4ファクタリング業者の査定

    上記本審査をへて翌営業日までに回答をいたします。

  • STEP.5契約、実行

    ファクタリング会社担当者と契約手続きを行い、即日もしくは翌営業日に実行いたします。

よくある質問

  • Q代表者自身、過去に破産をしました。融資は難しいでしょうか。

    A破産された時期にもよりますが、かなり厳しくなります。延滞などで信用情報機関に載っているだけならば、融資の可能性はあります。代表者変更や先々の資金調達を見据えた提案などを、弊社で行うこともできますので、お気軽にお問合せください。

  • Q銀行以外でも資金調達はできますか?

    Aはい、手段はあります。中小企業を対象に融資を行っている、日本政策金融公庫や商工組合中央金庫があります。また、売掛金や不動産を担保にした融資や、リースバックなどの調達方法もあります。資金調達が可能かどうかは、財務状況などによりますので、詳細はお問合せください。

  • Q複数の金融機関から同時に借り入れができますか?

    A財務状況によりますが、複数の金融機関で按分して資金調達することは可能です。保証協会側が承認していれば、双方とも保証協会付きの融資でも可能です。保証協会付きでない融資の場合、副るうの金融機関に同時に依頼し実行されることは、起こりえます。ただし信用の問題もあるので、銀行へ伝えておいた方が良いでしょう。

  • Q2.3日以内に緊急で資金が必要になってしまいました。

    Aこのような緊急の場合ですと、銀行などの金融機関ではさすがに間に合いません。
    売掛金などがあるのであれば、懇意にしている提携のファクタリング業者をご紹介いたします。
    弊社のご紹介ということで優先的にスピーディーに売掛金の資金化に成功するケースも多々あります。
    金額は100万から1500万円にまで及びます。ただし手数料が高いので、使うのはあまり頻繁でないほうが良いので、そのあたりも資金繰り表をご一緒に作成しながら検討していきます。

  • Qファクタリングを利用したいのですが、最近乱立しすぎてどちらの業者さんへお願いしてよいかわかりません。

    A最近多数、目にするファクタリング業者さん、沢山ありすぎてどちらにお願いしたらよいかわからないですよね。そのような場合でも弊社にご相談いただければ、提携する信用のおけるファクタリング業者をご紹介いたします。
    またレートも取引条件も紹介ということで優遇されますので、急ぎの資金でファクタリングを利用されたい方はご相談ください。

ファクタリングに関するコラム記事