BLOG ブログ

運転資金について

運転資金について

運転資金

皆さんは黒字倒産という言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。
黒字倒産とは「利益は計上されているのに運転資金や手元に残っている資金が尽きてしまい倒産してしまう状況」です。つまり、手元の「現金」が尽きてしまう状況です。
そのため、社長様の重要な業務は利益の創出と資金繰りであると言えます。
その資金繰りを考えるうえで必ずと言っていいほど出てくるワードは『運転資金』だと思います。

ところで皆さんは運転資金と言われてピンときましたか?
そこでまず運転資金の概要についてご説明致します。
運転資金とは、会社を運営していくうえで必要になる資金全般(例:人件費、仕入費等)を立替えていることから発生する資金です。
会社を経営する中で、モノを仕入れて在庫として確保。そして、営業やPR等を行い売上に繋げるのが一連の流れかと思います。
この時点で、仕入や営業資金、左記に加え、人件費等先行で出ていく資金は多額発生します。
又、日本の企業は掛けで商売を行う事が慣例化しているので、売上を上げた時点では売上金がまだ手元に無いという現象が発生します。
上記を解消するために、運転資金を調達し手元資金を確保する必要があります。
上記より、会社を存続するうえでは必須の資金だと言われております。
裏を返すと運転資金が不足すると、仕入等の先行資金の支払ができず会社が機能不全に陥り、経営が破綻するリスクが高まると考えられます。

運転資金の種類

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〇正常運手資金
経常的に発生する支払資金。
正常に事業営む上で重要な運転資金。

〇増加運転資金
増加運転資金とは、業容拡大に伴い発生する増加支払資金。
運転資金の手当てが不十分だと資金繰り悪化し、経営破たんのリスク有り。

〇減少運転資金
減少運転資金とは、業容縮小に伴い発生する資金補填。
手当が遅れると資金繰りが悪化し、経営破たんのリスク有り。

〇スポット運転資金
スポット運転資金とは、一過性の支払資金。
企業の成長投資を支える重要な運転資金になる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上記の内容で、運転資金の重要性が分かったかと思います。

続いてご紹介するのは、運転資金の算出方法です。
(運転資金の算出方法と適正額)
(運転資金算出方法)
≪B/Sより算出する場合≫
運転資金=(売掛債権+棚卸資産-仕入債務)にて算出可能です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■売上債権
〇売掛金
〇受取手形等

■棚卸資産
〇商品、製品
〇仕掛品
〇原材料等

■仕入債務
〇買掛金
〇支払手形等
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

適正額

運転資金以上の現預金の確保はもちろんのこと、上記方法にて算出した運転資金の3か月分程度の現預金の確保が理想的です。
しかし、中小零細企業の資金調達は厳しくなっていると思われます。そのため、自助努力で一定量の余剰資金を確保が求められます。
俗に売上が20%減少しても1年間は持ち堪えられるだけの余剰資金を言う。 (参考数式)『年商×売上総利益×20%=適正余剰資金』
今回記載した数式等を用いて御社の財務状況を把握してみてください。
その中で、運転資金を調達したいとお考えになられた方是非とも弊社(㈱SGH)までご連絡ください。皆さんの運転資金をはじめとする財務面のお悩みを解消致します。
お気軽にご相談下さいませ。

CONTACT
お問い合わせ

資金繰りに関するご質問・ご相談などは
お気軽に以下のフォームからお問い合わせください。